コピペチェック プラグインではどのようなチェック判定ができるのか

コピペチェック プラグインではどのようなチェック判定ができるのか コピペチェックは、いろんな角度から行えることでその文書が正しく制作されたものだと判定することができます。コピペチェックも行えるアイテムとしてコピペチェック プラグインを利用することは非常に有効性のあるものです。

CCDで行えるコピペチェック プラグインの判定内容では、類似度判定が行います。文章のセンテンスの重複チェックを行うことができるので、文書の入れ替えをしただけの資料を見つけることが可能です。文字の単語による重複のチェックを行うなら一致率判定の機能があるツールを利用しましょう。  

テキスト間の判定機能では、同じサイト内にあるテキスト間の重複チェックを行うことができるので、類似サイトでの文書の確認を行うことができ盗用しているかの判定も可能となります。作成された文書は、すでに利用されている文書に類似しているかも確認することができるので、コピペチェック プラグインを利用して故意ではなくたまたま類似した場合でも修正することが可能となります。また、簡易的な文書の校正機能がある場合には単語の誤字や脱字のチェック行うこともできます。そのため文章の校正を目的としてこのシステムを導入する企業もあります。膨大な文書だと校正を行う場合には時間を要するためとても便利なシステムです。

最新ニュース